<   2010年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

冷蔵庫がぶっ壊れた!

札幌駅地下街パセオにて
a0155255_212787.jpg

写真と本文とは特に関係ありませんが...
ネタがないもので^^;

昨日の夜、冷蔵庫がぶっ壊れた!
コンプレッサーが逝かれたらしい...
氷がないと生きていけないので、
ヨドバシで新製品に即買い換えた。
明日家に届くため、
今日は古い冷蔵庫の中の整理で大わらわ...
2001年賞味期限のポン酢とか出てきたorz

16年間、ありがとう!

[PR]

by h1deshi | 2010-07-31 02:16 | 札幌
恋人も濡れる街角

JR札幌駅南口
a0155255_2034270.jpg

あ~夏なのに...天気悪すぎorz

「恋人も濡れる街角」といえば桑田佳祐の曲。
J-POPに縁のない自分でも、
S.A.S.ぐらいは学生時代から聴いてた。
早く食道がんを克服して、
また復活してもらいたいもんです。

[PR]

by h1deshi | 2010-07-30 00:00 | 札幌
謎の廃ロープウェー ~ 積丹・山荘前?

a0155255_1947438.jpg

ネタ切れなので、この前の積丹ストックから。

雷電国道(229号線)から途中で積丹岬方面に右折する道路に入り、
少し行くと左手に忽然と姿を現す謎の廃ロープウェー?
周りに民家などもなく寂しい所ですが、
何故か「山荘前」というバス停もあります。
誰がこんなとこで降りるんだ?

帰ってからネットで調べてみたら、
この先には「チニカ山荘」という山荘があり
台風18号の被害により休むことになったそうです。

確かに草茫々の細い獣道があり、
この行き着く先にもちょっと興味が湧いたので、
行ってみようかとも思いましたが、
いつクマに襲われるか不安になったので引き返しました^^;

ただ、この佇まいは嫌いではない...


地図はこちら
[PR]

by h1deshi | 2010-07-29 00:00 | 積丹
高原を渡る風 ~ 丸加高原

a0155255_19393577.jpg

北竜町の「ひまわりの里」の撮影を終え、
帰りにちょっと滝川の丸加高原に寄り道しました。
ちなみに、ここは5月に一本桜を撮るため来ています。

まあ特にこれといった景色ではありませんが、
高原を吹き抜ける風はやっぱり気持ちいい~!

ここはコスモス畑が有名なので、
またその時期になったら来てみようと思う。


おまけ
[PR]

by h1deshi | 2010-07-28 00:00 | 滝川
太陽の神の贈り物 ~ 北竜町のヒマワリ Part.2

(i)
a0155255_1935169.jpg

(ii)
a0155255_19365357.jpg

(iii)
a0155255_19344871.jpg

昨日の北竜町「ひまわりの里」の続きです。

ひまわりの学名「Helianthus」は、
ギリシャ語の「helios(太陽)+anthos(花)」が語源で、
まさしく ”太陽の花”の意味です。

「あなたはすばらしい」という花言葉を持つひまわりは、
太陽に向かい咲く花ということから、
漢字では「向日葵」とも書かれます。

ギリシャ神話にもひまわりは登場し、
海のニンフ(精)クリティが太陽の神アポロンに恋をして、
遠くから見つめているうちに、
ひまわりになったという物語もあります。

ところで、ひまわりと言えば忘れられない映画が、
'70年に公開されたヴィットリオ・デ・シーカ監督の『ひまわり』でしょう。
夫(マルチェロ・マストロヤンニ)が戦死した(と思っている)ウクライナで、
地平線まで広がるひまわり畑(そこは無名戦士の墓場でもあった)の中を、
夫の消息を訪ね歩く妻(ソフィア・ローレン)の
悲しくも美しいシーンは未だに記憶にあります。
ヘンリー・マンシーニの音楽も素晴らしかったね。
この映画観たのはずっと後でしたけど...^^;


続きはこちら
[PR]

by h1deshi | 2010-07-27 00:00 | 北竜
太陽の神の贈り物 ~ 北竜町のヒマワリ Part.1

(i)
a0155255_18135543.jpg

(ii)
a0155255_18221055.jpg

(iii)
a0155255_182263.jpg

また今日も高速道路無料化(岩見沢IC~深川IC)の実験区間を利用して、
早朝、北竜町の「ひまわりの里」に行ってきました。

皆さんご存知の通り北竜町のひまわり畑は国内最大で、
なだらかな丘一面が100万本のひまわりで彩られ、
光あふれる夏の風景が広がります。

昭和54年7月ヨーロッパ視察研修に参加した北竜町農協職員が、
旧ユーゴスラビアのベルグラード空港周辺一面に広がるひまわり畑の美しさに驚き、
着陸する様はあたかも黄色いひまわりに舞い降りる蝶々のような感動を覚えた...
というエピソードが取り組むきっかけとなったそうです。

今回も写真の枚数がちょっと多いため、
次回と2回に渡って紹介します。
とはいえ、全部ひまわりなんですが...^^;


続きはこちら
[PR]

by h1deshi | 2010-07-26 00:00 | 北竜
シララ姫の化身 ~ 女郎子岩

女郎子岩(じょろっこいわ)
a0155255_1643367.jpg

積丹で一番美しい岩と言われています。
この岩には悲しい伝説が残されてます。

北へ落ち延びる途中でシケに遭い傷ついた源義経が、
アイヌ酋長の娘シララ姫に助けられ、
いつしかお互い恋想う仲となったが、
義経は再び船出しなければならなかった。
涙に濡れ声を枯らし義経の後を追うシララ姫であったが,
その想いは叶わず大波に呑まれてしまった。
その直後に現れた岩を誰もがシララ姫の化身と信じた。
女郎子岩と呼ばれるようになった今でも、
義経を恋慕うかのように立っている。

女性の怨念とは何とも凄まじい..


続きはこちら
[PR]

by h1deshi | 2010-07-25 00:00 | 積丹
神秘の渚 ~ 島武意海岸

a0155255_22313967.jpg

積丹岬にある島武意海岸は透明度が高く、
日本の渚百選にも選ばれた神秘的な美しさを湛えた海岸です。

島武意海岸トンネルを抜けると
そこには積丹ブルーの海が広がる絶景が!...

といきたいところですが、
この日は天候はイマイチでした。
まあ、いい運動にはなりましたが...^^;

ここも晴れた日にまた来ようと思います。


続きはこちら
[PR]

by h1deshi | 2010-07-24 00:00 | 積丹
積丹岬灯台と神威岬

a0155255_23145522.jpg

3連休の最終日は天気が悪く、気分もブルー...
でも折角の休みにもったいないので、
ふと海でも見に行こうかなと考え、
同じブルーなら積丹ブルーでもということで、
悪天候覚悟で行ってきました、積丹岬...

写真は積丹灯台を越え、
女郎子岩に向かう途中で、
振り返ったら遠くに神威岬が見えたので、
撮った1枚です。

初めて岬の灯台まで歩きましたが、
その前に島武意海岸を昇り降りしてたため、
自分にとってはかなりハードな運動になりました。
かつ夕暮れ近くになって誰もいないし、
いつ熊に襲われるか怖くなって、
女郎子岩まで行って早々に引揚げました。

本当は神威岬まで行きたかったのだが、
既に予定時間オーバーorz
また晴れた日に神威岬は来よう!

[PR]

by h1deshi | 2010-07-23 00:00 | 積丹
光りと風が遊ぶ庭 ~ 上野ファーム Part.2

(i)
a0155255_18592957.jpg

(ii)
a0155255_185916100.jpg

(iii)
a0155255_190345.jpg

昨日紹介した「上野ファーム」の続きになります。

ところで「北海道ガーデン街道」という言葉はご存知でしょうか?

北海道の代表的な美しい7つのガーデンが集中している、
旭川~富良野~十勝を結ぶ全長約200kmの街道をこう呼ぶそうです。

具体的には、

① 上野ファーム(旭川市)
② 風のガーデン(富良野市)
③ 十勝千年の森(清水町)
④ 真鍋庭園(帯広市)
⑤ 十勝ヒルズ(幕別町)
⑥ 紫竹ガーデン(帯広市)
⑦ 六花の森(中札内村)

の7つのガーデンを結ぶ街道を云います。

個人的にはあと、
ガーデナー、ダン・ピアソン氏のメドウガーデンがある「十勝千年の森」と、
山岳画家・坂本直行氏が六花亭の包装紙に描いた十勝六花の花がある「六花の森」は、
近々訪れてみたい...

皆さんも北海道ガーデン街道の「緑の旅(Tourisme vert)」に
出掛けられてみてはいかがでしょうか?


続きはこちら
[PR]

by h1deshi | 2010-07-22 00:00 | 旭川